【WordPress】最初にやることメモ

サブドメインで新しいサイトを作ることにしたので,そのときにやったことメモ.

スポンサーリンク

SSL化

無料独自SSL設定 | レンタルサーバーならエックスサーバー
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|無料・無制限に利用可能な独自SSL「無料独自SSL」の設定手順に関するご案内です。

ここを見ながらやる.

  • 上のやつをやる
  • 反映待ちがなくなる
  • WordPressの設定>一般から アドレス2つにsをつける

間違って,反映前にアドレスにsを付けたら,下記のサイトを見ながら治すと行けた(実体験)

SSL化に失敗、サイトが開けない、ログインもできない状態です。
サポート » 使い方全般 » SSL化に失敗、サイトが開けない、ログインもできない状態…

著者は,ルートドメインがCloudflareを利用していて,サブドメインに新しくWordPressをインストールしようとした.
その時なかなかSSLが追加出来なかった.

修正したところは

  • ネームサーバーをXserverのものに変更
  • Cloudflareを開発者モードに(関係ないかもしれない)

の2つ

これである程度時間がたったら,SSLが追加できるようになった.
追加後のネームサーバーを戻す作業も忘れずにすること.

Cocoonのインストール

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

インストール後の細かい設定は,個々で変わってくると思うので,割愛する.

必要なプラグインのインストール

  • UpdraftPlus
    自動バックアップと復元
  • SiteGuard WP Plugin
    セキュリティー
    • Cloudflareを使う場合,管理ページアクセス制限は OFF の方が使いやすいかもしれない
    • 新しいログインページのURLをブックマークするのを忘れずに
  • WP-Optimize
    データベースのお掃除
    • Always keep 2 post revisions ~~みたいなのは
      指定された数の投稿リビジョンを保持し,その他のリビジョンを削除します.というもの
    • Take a backup with UpdraftPlus ~~は
      最適化スケジュールを実行する前にUpdraftPlusでバックアップを取る.というもの
  • EWWW Image Optimizer
    画像の圧縮
  • WP Multibyte Patch
    日本語の文字化け対策
    • インストールして有効化するだけ.かんたん
  • XML Sitemaps
    Google先生がサイト構造を理解する手助け
  • WebSub (FKA. PubSubHubbub)
    Google先生にサイト更新を伝えてくれる
【2021年最新】目的別のWordPressプラグインのおすすめ一覧を紹介
SEO対策や高速化に役立つWordPressのおすすめプラグインを紹介します。何万種類ものプラグインが提供されている中で、多くのブロガーが導入している定番プラグインを厳選しました。WordPressでブログを始めたら必ず入れておくべきプラグインはどれなのか?

ほとんど上のサイトで解説している.

これらの設定が終わったら,自動更新が必要なモノだけ,プラグイン管理画面から自動更新を有効化する.

過去に全てのプラグインを自動更新にしていて,1度だけサイトがクラッシュしたことがあった.
その時はトップページも管理画面も開けない状態で割と焦ったが,サーバー管理画面の方からゴニョゴニョしたら普通に直った.

そんなこともあるので,人によっては自動更新を無効化していたほうが良いかもしれない.
でも,無効の方がセキュリティーに問題が出やすいかもしれない.

タイトルとURLをコピーしました