「原神」ってどんなゲーム?【レビュー】

概要
ジャンルオープンワールドアクションRPG
グラフィック
  • 3D – アニメ調
    • 自由な視点操作
オンライン要素
  • 基本ソロプレイ
    • マルチ要素あり
価格
  • 無料プレイ(課金あり)
    • ガチャ課金あり
対応端末スマホ / PC / PS4,5 / Switch(予定)
リンク公式サイト / YouTube / Twitter
スポンサーリンク

原神ってどんなゲーム?

まずは,この動画を見てほしい(約1分)

この動画の後半で広がるワールドを,どこまでも自由に冒険できる.
もちろん,このエリアが全てではなく,同じくらい広いエリアがいくつもある.

もっと見たい人は,こちらのプレイ動画がおすすめ(約20分)

原神は,世界中にあるギミックを解いたり,宝探しをして冒険することが,メインコンテンツ.
もちろん,キャラクターの育成や,ストーリーを楽しむなど,様々な要素・コンテンツがある.

原神

原神

miHoYo Limited無料posted withアプリーチ

もっと詳しく

ジャンル

オープンワールドアクションRPGとあるが,最もゲーム性が近いのは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」ではないだろうか.

違いと言えば,プレイアブルキャラの豊富さ(可愛いキャラかっこいいキャラ).
他にも,アップデートで追加される新マップやイベントなどが挙げられる.

アクション(戦闘)について

以前撮影したエンドコンテンツの動画↓

この動画はエンドコンテンツの1つ,深境螺旋の動画.
一般的なフィールドでは,もっとゆるゆるな戦闘なので,安心してほしい.

動画で見てわかる通り,4人のキャラクターを入れ替えて戦っていくのが,最終的な戦闘スタイルになる.

4人マルチの戦闘では,1人1キャラのみ操作できる.

グラフィック

百聞は一見に如かず.
ここまでで紹介されてる動画を見てほしい.

オンライン要素

原神は基本ソロプレイで,世界を冒険するのがコンテンツとしては大きい.
また,オフラインでのプレイは出来ないため,外出先でプレイする場合,回線の状況によっては快適にプレイできない可能性もある.

マルチ要素

  • 秘境の周回
  • イベントの攻略
  • 一緒に世界を冒険

※一部はソロ専用

対人要素はほぼないと言っていい.
対人が苦手な人は安心してプレイできる.

用語|秘境=ダンジョン

課金について

原神は基本プレイ無料で遊ぶことができる.

課金の種類

  • 空月の祝福(月額\610)
    • 創世結晶300個+毎日原石90個
  • 天空紀行(月額\1220 or \2440)
    • シーズンパスのようなもの
  • 創世結晶(\120 ~ \12000)

※PlayStation版は価格が異なる

用語|創世結晶=有償石
原石=無償石

ガチャ(祈願)について

ガチャは1回あたり原石160個.
原石はデイリークエストや世界の冒険でも手に入る.

原神の祈願には,天井がある.
またイベント祈願では,天井の引き継ぎもできる.

天井の引き継ぎについて簡単に解説すると,

  1. イベント祈願(天井90連)で89連まで回したが,最高レアリティが出なかった
  2. ここでイベント祈願のシーズン切り替えが起こった
  3. 次のシーズンのイベント祈願は1回目で最高レアリティが確定する

といったもの
厳密には,もう少し細かい事があるが割愛する.

この「天井の引き継ぎ」によって,天井までの蓄積が無駄にならないようになっている.

用語|祈願=ガチャ

その他

原神は様々な端末でプレイすることができる.
もちろん別々の端末同士でマルチプレイが可能だ.
さらに,クロスセーブにも対応していて「家ではPCで,外ではスマホで遊ぶ」なんてこともできるようになった.

個人的な感想

最初は「すぐに辞めるかもな―」なノリで始めた原神だったが,今ではプレイ日数も250日を超えて,かなりやり込んだゲームの1つになった.

ストーリーについて,別のゲームではほとんど忘れてしまうが,原神はパイモンいじりが面白くて,割と覚えてることが多い.

課金関係の感想として,競争要素が少なく周りからの課金圧が少ない点は高評価.

総合的にみて,多くの人におすすめできる面白いゲームだと思う.

原神

原神

miHoYo Limited無料posted withアプリーチ

初心者向けプチ攻略情報

  • とにかくストーリーを進めよう
    ストーリーが止まったら,冒険に出かけよう
  • 優先して育成するキャラは?→推しキャラ
    効率的には?→こちらのページを参考に
タイトルとURLをコピーしました